モバイル決済争奪戦

中国でモバイル決済の顧客争奪戦が、ますます激化して

いるそうです。

 

アリペイとウィーチャットペイの二大巨頭が市場を独占して

きたが、新たなモバイル決済も頭角を現しているそうです。

 

中国銀聯は2017年12月、QRコードによる

モバイル決済サービスアプリ「雲閃付」を発表、市場に

参入したそうです。

 

戦場は徐々に範囲を広げており、近年は特に交通機関との

提携において、し烈さを増しているそうです。

 

中国人民大学重陽金融研究院の董希淼高級研究員は、

「交通機関は地域によって独立している。

中国交通運輸部の統計によると、全国で毎日、約3億人が

公共交通機関を利用しており、巨大な市場と使用頻度の

高さが魅力だ。

各社が必死になって普及活動をしている」と話す

そうです。

 

一方で、人々の生活にも深く影響しているそうです。

 

あるインターネット上の質問サイトでは、

「どんな時にモバイル決済があなたの生活を変えたと

感じますか?」との問いかけに対し、3,500件以上もの

回答が寄せられたそうです。

 

「しばらく使っていなかった財布にカビが生えているのを

見た時」や「友人との会食の会計時、おごるために

互いに伝票を奪い合う方法が、QRコードの読み取りを

邪魔するという方法に変わったと気づいた時」といった

回答が見られたそうです。

 

中新網のウェイボーアカウントで、出かける際に財布を

持つかどうかについてアンケートを行った結果、回答した

1,018人中41.8%が「持たない」、41.1%は

「持っていくが、携帯電話で支払うことが多い」と答えた

そうです。

 

携帯電話一つで何でもできる日もそう遠くないそうです。

2018/01/22