日本製品中国市場販売支援会(JPCS)を設立

日本の良い製品(全て)を中国の人達に知っていただき、

また、中国の企業から依頼の有る日本製品(全て)を

探し、マッチングしていただくJPCS(支援会)を、

大連に設立しました。

(技術や教育なども含む全ての分野が対象)

 

1.理念

  (1)日本の安心できる良い「製品・商品」の

     正しい情報を中国の人達に伝え、

     知ってもらう。

  (2)中国の人達に、日本の安心で安全な良い

     「製品・商品」を、適正な価格で購入して

     いただく。

  (3)日本企業に、中国市場での

     「製品・商品」販売で成功していただく。

  (4)信用や信頼を大切にした関係を構築し、

     維持・継続し、社会に貢献する。

 

2.過去の問題点

  (1)良い日本製品が、中国の人達に

     正しく認知されていない。

  (2)中国内に日本の企業が安心できる

     支援プラットホームがない。

  (3)ビジネスの習慣・考え方の相違から、

     信頼できるパートナーを見つけるのが困難。

  (4)中国市場を正しく把握できない、

     また、各種手続きが不明・面倒である。

 

3.何故、今こそ中国市場なのか?

  (1)品質や安全面で信頼のおける日本製を

     購入したい人が多い。

  (2)収入増加や物価の高騰で購入しやすい価格に

     なってきている。

  (3)インターネット等の普及で、目が肥えた

     人が多くなってきた。

  (4)環境や健康の意識が高くなり、子供に対する

     投資熱が、ますます高まっている。

 

ご興味の有る人は下記の添付ファイルをご参照ください。

 

pdf.gifJPCS紹介-日.pdf

2013/10/30