日本人をBSEに育成する教育を開始しました

日本の企業が中国の企業に対しビジネスを依頼する場合、

会話は日本語で行いますが、日本人の説明は分かり

にくかったり、交渉が苦手なため、良い結果が出せていない

場合が多く、この問題を解決する1つの手段として、

若い時から中国の人(他の諸外国も同様)と日々一緒に

仕事や生活をしていただき、慣れていただく事が重要と

思っております。

 

弊社では、日本人の大学生をインターンシップとして

お預かりした教育と、同様に、中国人の大学生を

インターンシップとしてお預かりした教育を行っております。

 

2011年10月からは、日本人の現役プログラマーを、

1年間、1名様お預かりし、日本人がBSEを担当出来るよう

育成を開始しました。

 

日々の業務は日本語で行っておりますが、中国語や

中国の文化も勉強することで、仕事がスムースに

進められ、良い結果が出せる人材になっていただく

教育です。

 

将来、コストの問題で、更にコストが安い国に

依頼先を変更しても、日本人が真にBSEを担当

できれば、必ず良い結果を出せると思っており、

これを実証するため、日本(広島)の会社様と

開始しました。

 

ご興味がある企業様や大学の関係者様など、

弊社にお問い合わせください。

2011/10/20