2年連続でドイツの最大貿易相手国に

ドイツ連邦統計局が22日に発表した最新の統計によると、

2016年に続いて2017年も、中国はドイツ最大の

貿易相手国となったそうです。

 

統計によると、2017年のドイツ―中国間の貿易額は

1,866億ユーロ(約24兆7,000億円)に達した

そうです。

 

ドイツにとって第二の貿易国となったオランダは

1,773億ユーロ(約23兆2,000億円)、次いで

米国が1,726億ユーロ(約22兆6,000億円)

だったそうです。

 

1975年から2014年まで最大の貿易相手国だった

フランスは、2016年の2位から2017年は4位に

後退したそうです。

 

ドイツにとって最大の輸入元となったのは中国で、

金額は1,005億ユーロ(約13兆1,000億円)

だそうです。

 

最大の輸出先は米国で、金額は

1,115億ユーロ(約14兆6,000億)、

2位はフランスの1,052億ユーロ、3位は中国で

862億だったそうです。

 

またEU離脱が決定した英国は

844億ユーロ(約11兆円)で、昨年の2位から5位へ

後退したそうです。

2018/03/05