テンセントなどカルフール中国に投資

フランスの小売り大手カルフールは、テンセントと

中国スーパーマーケット大手の永輝超市がカルフール中国に

対し投資することで合意したと発表したそうです

 

カルフールの世界での小売の経験とテンセントの科学技術、

生鮮業界に特化した永輝の蓄積を生かすそうです。

 

投資後も、カルフール中国の筆頭株主はカルフールとなる

そうです。

 

カルフールとテンセントはさらに、中国国内での業務展開に

おける提携を結んだそうです。

 

カルフールはこの提携を通してオンラインでの知名度の

向上と、オンライン(インターネット販売)と

オフライン(実店舗)両方の販売量の引き上げを目指すほか、

テンセントのハイテク技術と専門知識を活用した

新たなスマート小売システムを開発するそうです。

 

カルフールの強みは、広範囲に展開している実体店舗であり、

テンセントと永輝は実体店舗での支払いシステムの

さらなる普及を狙うそうです。

 

数年前からカルフールの営業成績は芳しくなく、売り上げが

伸び悩んでいたそうです。

 

カルフールのライバルであるオーシャンと

大潤発(RT-Mart)は、アリババと提携している

そうです。

 

業界関係者は、カルフールもアリババの提携相手として

視野に入っているとみていたそうです。

 

今回テンセントがカルフールと手を組んだことで、

小売市場はアリババとテンセントの2大勢力が明白に

なったそうです。

2018/02/05