住宅価格の上昇率、上位10都市中6都市が中国

中国の過去1年の住宅価格の値上がり幅は世界で最も急激

だそうです。

 

世界で値上がり幅が最も大きかった上位10都市のうち

6都市を中国が占め、上位50都市の中でも中国の都市が

最も多く、21都市に上ったことがわかったそうです。

 

中国の民間調査機関、胡潤研究院が発表した、

『2017年上半期胡潤世界住宅価格指数』で指摘した

そうです。

 

6都市の内訳と値上がり幅はそれぞれ、無錫22.9%、

香港20.8%、鄭州20.2%、長沙18.5%、

広州17.9%、石家庄16.1%だったそうです。

 

無錫は、世界的に見ても3番目に値上がり幅が大きかった

そうです。

 

次いで香港(4位)、鄭州(5位)、長沙(7位)、

州(8位)、石家庄(10位)の順だそうです。

 

住宅価格の上がり幅は、世界の上位50都市のうち

42都市が10%以上の伸び率を記録しており、

最も値上がりしたカナダ・トロントの伸び率は、

26.1%だったそうです。

 

上位50都市は国別では12か国で、中国に次いで多いのは

米国(7都市)、ドイツ(6都市)、カナダ(4都市)、

オーストラリア(3都市)などだったそうです。

2017/09/11